【元自衛官おススメ】本当に必要な防災グッズ10選紹介!

元自衛官がおススメする防災グッズ10選 その他

災害への備えって一応しているけれど本当にこれで良いのか迷いはありませんか?

実は、あなたが用意している防災グッズでは準備不足かもしれません!

なぜなら、災害時に必要な物が無かったり、逆に無駄に多くの物が入っている可能性があるからです!

この記事では、元自衛官がこれさえあれば、まず大丈夫だと言えるアイテムを紹介します。

記事を読み終えると、災害時の迷う事無く自分の安全を守れるようになっていると思います。

自分に合った内容が知りたい方はフローチャートに飛んでみましょう!

考えるのが面倒だなって人はこちらの商品もおススメです♬


本当に必要な防災グッズ一覧

身を守るアイテム  保存食  寒さ対策
皮手袋水(2L)アルミシート
帽子ようかんアルミクッション
ヘッドライトアルファ米
雨合羽缶詰

身を守る防災アイテム

それぞれのアイテムを詳しく解説していきます!

皮手袋

手探りで瓦礫にあふれた家の中を動いても、手をケガする事なく脱出できる最強の身を守るアイテムです!

災害時にはケガを負ってもすぐに手当てが出来るとは限りません。

なので、未然にケガを防ぐことが出来る皮手袋は必需品とも言えるでしょう。

実際に自衛隊では軍手を使うことはほとんどなく、ほぼ全ての隊員が皮手袋でハードな作業をこなしています!

割れたガラスや木材のささくれ程度なら問題なく防げるので必ず用意しておきましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

牛床皮手袋(甲メリヤス) 1双入 QC-320【[359-0133]QC-320】
価格:418円(税込、送料別) (2021/7/31時点)


ヘッドライト

災害はお昼にだけ起きるとは限りません。

真夜中でも避難所へ向かうにはライトは欠かせないアイテムなのです!

そしてライトは必ず『ヘッドライト』を用意してください。

なぜなら、ヘッドライトであれば両手を常に空けておけるので、懐中電灯と違って非常に動きやすく安全です!

災害時に両手が使えることは、身の安全を守る上ではかなり重要なので覚えておきましょう。


帽子

瓦礫やガラス片から頭を守る為のアイテムです!

欲を言えば安全ヘルメットや防災頭巾が最適ですが、日ごろから用意をする手間を考えると難しい方もいると思います。

なので、最低でも厚手の帽子を被って頭の保護をしましょう!

帽子と頭の間にタオルを挟んだりして、簡易的な防災頭巾にするのも良いかもしれません!

用意する余裕のある方はしっかりと防災ヘルメットを用意してくださいね♬


雨合羽

ヘッドライトと考えが同じく、雨の日の避難でも両手を空けておけるアイテムです!

両手を自由に使えることで、余震が起きた時に両手で頭を守れたり、安全な場所に掴まったりできます!

また、身体がずぶ濡れになってしまうと、非常に体力の消耗が激しくなるので、いつまで続くか分からない避難生活では体力を温存する為にも雨合羽を着ましょう!


保存食

生き残る上には必要な栄養が満載のアイテムです!

生きていく上で欠かせないのが水です!

しかし、お水はめちゃくちゃ重いので、1日で必要な量の2Lだけを入れておきましょう!

近隣に避難場所が無い場合であれば、水の量は増やしていく必要はあります!


ようかん

避難の初期段階では、とにかくエネルギーになる糖分でその場を繋ぎましょう!

場所も取らずエネルギーの高いようかんは非常食としてかなり優秀です!

お腹が空くと思考力も鈍り、暗い気持ちになってしまうので少しでも気持ちを塞がないように美味しい物を選びましょう!


アルファ米

水やお湯を入れただけで美味しいごはんになる魔法のお米です!

一昔前のぼそぼそになってしまうお米と違って、キャンプで食べても美味しい!ってなる非常におススメのアイテムです!

あまりに美味しいので、ローリングストック(古い食料品を新しい食料品に変えて食べて行くこと)にも抵抗なく活用できます!

重量も軽いので、避難の時に荷物にならないのは疲労を軽減するためにも役立ちます!


缶詰

避難グッズの定番、缶詰!

様々な種類もあって食べ飽きないですし、多少雑に扱っても問題ないので避難時も重宝します!

ただし、缶詰はあんまり詰め込みすぎると重くなっちゃうので注意が必要ですね♬


寒さ対策グッズ

避難をする上で体力を温存するのに大切なアイテムですよ!

アルミシート

災害発生時は着の身着のままで避難することもあると思います。

そんな時に寒さや直射日光の暑さから身を守ってくれるのがアルミシートです!

意外と思われるかもしれませんが、断熱性に優れたアルミシートは日陰を作ったりと暑さ対策にも効果ありですよ!

厚手のコートを揺れている家の中で探すよりも、このアルミシートを何枚か持っている方が、避難時には約に立つと思います。

自衛官現役時代は、真冬の山の中で凍えるなかでもこのアルミシートに包まっていると、体温を逃がすことがなく無事に一晩を越えられました♬


アルミクッション

災害時に集合する避難場所には座布団や椅子があるとは限りません。

真冬の体育館は底冷えも厳しく、座っていたり横たわるのも辛いことがあるでしょう。

その問題を解決してくれるのが、アルミクッションです!

クッション性もあり、何より熱や冷えを遮ってくれるので何処に腰を下ろしても体温が奪われる事がありません!

冬場で体温を失うことは大変危険で避けるべきことなので、このクッションの上で休むことにしましょう!


防災グッズの基本

ただ闇雲に揃えるだけが防災グッズではありません!

本当にその人に必要な物かどうかを一緒に考えていきましょう!

誰が持って避難しますか?

用意した防災バックは誰か持って避難をしますか?

それぞれで荷物の内容を考えて入れ替えましょう!

奥さんや子ども

体力がある若い奥さんや、中高生の子どもさんであれば基本の荷物に色々とプラスして荷物を多くしても大丈夫です。

足腰に自信が無い場合は、中身を最小限にした上で避難場所での支援を受けることを基準に考えましょう。

両親

特にご高齢の場合はとにかく荷物を最小限にして、動きやすさを重視してください。

何より避難場所に確実に移動できる事を前提に考えましょう。

自分1人の力だけでなく、地域の助け人同士の助けを前提に考えると気持ちが楽になります!

自衛官

  • 着替えは3日分
  • 携行糧食3日分
  • 雨衣……

と、冗談です笑

自衛官のあなたは、部隊によって定められている災害派遣用の持ち出しリストに従って、しっかりと準備をしておきましょう!

何かがあった時、あなたは誰かを助ける側なのです!

近くに公的な避難場所はありますか?

遠い場合

避難バックの中にスニーカーを用意しておきましょう。

長い距離を歩く事を考えて、足首まで保護している物が最適ですが、最低でも運動靴を用意してください。

荷物はなるべく減らして長い距離を歩く体力を確保しましょう。

近い場合

おススメするバックの中身で大丈夫です!

避難所まで続く一番大きく広い道を覚えておいて、近いからと言って裏路地などを通らないようにだけ気を付けましょう!

余震などでブロック塀が崩れてきたことも実際にあります!

防災グッズを選ぶ基準

あれもこれもと非常時には持ち出したくなってしまいますが

  • 現金
  • カード
  • 印鑑
  • 通帳

などなど、貴重品以外は合理的に考えた基準で物を選びましょう!

とは言ってもよくわかりませんよね?

なので、次のフローチャートをひとつの参考としてみてください!

防災グッズを選ぶためのフローチャート
防災グッズフローチャート
Aプラン
揃える物ひと言メモ
皮手袋身に付けておきましょう!
帽子身に付けておきましょう!
ヘッドライト予備電池も防水対策をして入れておきましょう。
雨合羽
水(4L)少し多めに持ちましょう。
ジュースでは無く色々と使える水がベストです!
ようかん
アルファ米水を使うことになるので1人/2食分くらいにしましょう
缶詰
アルミシート2枚~3枚あると便利です。
アルミクッション
貴重品普段から、貴重品をまとめて置くようにしましょう。
3日分の着回しができる
着替え
ジップロックに入れて雨にぬれないようにしましょう。
Bプラン
揃える物ひと言メモ
皮手袋身に付けておきましょう!
帽子身に付けておきましょう!
ヘッドライト予備電池も防水対策をして入れておきましょう。
雨合羽
水(4L)少し多めに持ちましょう。
ジュースでは無く色々と使える水がベストです!
ようかん
アルファ米水を使うことになるので1人/2食分くらいにしましょう
缶詰
アルミシート2枚~3枚あると便利です。
アルミクッション
貴重品普段から、貴重品をまとめて置くようにしましょう。
3日分の着回しができる
着替え
ジップロックに入れて雨にぬれないようにしましょう。
スニーカーなるべく厚底、足首を保護できる靴を用意しましょう。
登山用靴などアウトドア系の靴もおススメです!
Cプラン
揃える物ひと言メモ
皮手袋身に付けておきましょう!
帽子身に付けておきましょう!
ヘッドライト予備電池も防水対策をして入れておきましょう。
雨合羽
水(2L)必要最小限を用意して、避難所の支援を求めましょう。
ようかん
アルファ米水を使うことになるので1人/2食分くらいにしましょう
缶詰
アルミシート2枚~3枚あると便利です。
アルミクッション
貴重品普段から、貴重品をまとめて置くようにしましょう。
Dプラン
揃える物ひと言メモ
皮手袋身に付けておきましょう!
帽子身に付けておきましょう!
ヘッドライト予備電池も防水対策をして入れておきましょう。
雨合羽
水(2L)必要最低限を用意して、避難所の支援を求めましょう。
ようかん歩いて食べられるようにポケットに入れておきましょう。
アルファ米水を使うことになるので1人/2食分くらいにしましょう
缶詰
アルミシート2枚~3枚あると便利です。
アルミクッション
貴重品普段から、貴重品をまとめて置くようにしましょう。
スニーカー なるべく厚底、足首を保護できる靴を用意しましょう。
登山用靴などアウトドア系の靴もおススメです!
携帯充電バッテリー大容量のバッテリーを用意しておき、避難の途中で動けなくなっても
連絡を必ず確保できるようにしましょう。

防災まめテクニック

防水処置

ジップロックで濡れたら使えなくなってしまう電池や着替えをパック詰めにしましょう!

こうすることで、雨の中での移動や水浸しな場所を通り抜けても、バックの中身は無事に使うことができます!

現役自衛官はほぼ全ての隊員が行っている超テクニックですよ!

中には身分証明書なども防水処置する人もいます♬

ホイッスル

災害時に自分の居場所を伝える手段としてお手軽なのがホイッスルです。

ホイッスルは口に咥えているだけで高い音が出るので、瓦礫に挟まれた時や閉じ込められた時に見つけて貰える確率が上がります。

極限状態だと声を出すことも出来なくなるくらい疲弊しますが、ホイッスルは呼吸だけでも音がなるのが大事なポイントです!

バックの外側に紐で結びつけるなどして、いつでも吹けるようにしておきましょう!


まとめ

防災グッズの選び方は難しいと感じるかもしれませんが、冷静に基準を設けることですごく選びやすくなります!

災害の危険に備える為にも、今回紹介した防災グッズをぜひ用意して頂きたいです!

どうしても、自分であれこれまとめるのが苦手だと言う方は、予めセットになっている防災グッズを用意しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました